【例文10選】当然・義務の【be supposed to 〜 】の使い方・意味

最新ブログ

今回のテーマは

【例文10選】当然・義務の【be supposed to 〜 】の使い方・意味

です。大学受験やTOEICでも頻繁に使われる表現や文法を利用していくので確実に理解していきましょう。

「be supposed to 〜」の意味・使い方

be supposed to 〜 の意味を簡単に覚える方法

助動詞のshouldとmustのイメージで覚えてもらって文脈に応じて適役ができるように心がけましょう。

  • 当然「(当然)〜するはずだ、〜だと思われている」
  • 義務「(義務として)〜することになっている」

 

be supposed to 〜 の使い方をマスターしよう

(当然)〜するはずだ、〜だと思われている

人や物などが当然するはずだと思われていることについて表現する方法です。例えば、「日本人は勤勉だと思われている」みたいに人や物の性質に関しての共通認識を表現として使われます。

(義務として)〜することになっている」

人などが常識や決まりによってしなくてはいけない義務について表現するための方法です。

両方に関して言える事ですが、決まりきった訳を暗記するのではなく、「当然」と「義務」のイメージを覚えて、文脈に応じて適訳が出来るように覚えましょう。

「be supposed to 〜」の例文10選を確認しよう

Japanese people are supposed to be industrious all over the world.

当然「日本人は勤勉だ世界中で思われている」

 

I will be supposed to get 800 points on TOEIC test.

当然「私はTOEICテストで800点をとる」

 

Tom has been supposed to be a really smart boy for many years.

当然「トムは何年もとても賢い少年だと思われてきた」

 

They will be supposed to pay for it sooner or later.

当然「彼らは遅かれ早かれ報いを受けることになるでしょう」

 

Most of electrical appliances are supposed to go out of order for roughly one decade.

当然「多くの家電製品はだいたい10年かそこらで壊れると考えられている」

 

You are not supposed to smoke in an airport.

義務「空港内は禁煙である」

 

You were supposed to be here by 8 am.

義務「あなたは8時までにここにいなければならなかった」

 

We will be supposed to learn English hard before next test.

義務「私たちは次のテスト前に英語を懸命に勉強しなければならない」

 

What time is she supposed to be there?

義務「彼女は何時までにそこにいなければならないことになっていますか?」

 

If I had been supposed to do such a bad thing to him, I would have never taken the choice.

義務「もし彼にあんなひどいことをしなければならなかったのであれば、決してその選択を選択しなかっただろう」

まとめ

例文コーナーでは皆さんの応用力のために難易度の高い文法やニュアンスも使ってみました。

質問・訂正等あればtwitterでDMをいただければ対応します。

まとめてほしいイディオムもあれば募集中です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました