【大学受験】3ヶ月で1200英単語のおすすめ暗記方法

【大学受験】3ヶ月で1200英単語のおすすめ暗記方法 大学受験
最新ブログ

 

【大学受験】3ヶ月で1200英単語のおすすめ暗記方法

 

英単語を暗記する仕組みを理解しよう!

まずは英単語を暗記する(memorize)までの仕組み(system)を考えましょう(consider)。暗記の仕組み(system)をどれだけ理解しているかで「あなた」の行動は全く違うものになるので、しっかりと理解してください。個人的にはこ子が一番重要です。とりあえずは以下の1つを強く認識してください。

  • 英単語の暗記量は反復回数に比例します。

すごくシンプルです。テレビCMを無意識に(unconsciously)覚えているのは、単純に見ている回数が多いからです。小学生の頃の朝のテレビCMが1つくらい思い出せるはずです。当たり前のことですが、これをどれだけ強く意識するかで、あなたの態度が変わって、取り組みが変わります。そして、結果が変わります。今一度、暗記(memorize)に対する認識(recognition)をしっかりと認識して(recognize)みてください。

英単語を暗記する仕組みをつくる!

[aside type=”normal”]

英単語を反復して確認する仕組み(system)をつくる努力をする

[/aside]

テレビCMを覚えているのは、毎朝同じ時間に「目にする」という仕組み(system)があるからです。同じことをすればいいんです。英単語を暗記(memorize)する仕組み(system)を日々の生活の中に作ればいいんです。もちろんこれだけでは目標の英単語を暗記(memorize)することはできませんが、暗記(memorize)に対する労力を減らすことができるので、実践しましょう。

暗記したい英単語を教科書に書き込む

この記事を見てもらえればわかると思いますが、あちこちに英単語を書き込んでいます。これくらい書き込みまくれば嫌でも覚えるわけです。英語の教科書だけでなく、国語や数学の教科書にも暗記中の英単語と同じ意味のものが出てきたら書き込むようにしましょう。

 

スマホのロック画面に英単語を表示する

メモアプリなどに暗記(memorize)したい英単語を書き込んで、スクリーンショットを保存すれば、誰でも簡単にロック画面に英単語を表示して暗記(memorize)の仕組み(system)を作ることができます。

 

机に英単語の書いた付箋を貼る

学校の机に家の机に英単語を書いた付箋を貼り付けることで目標の英単語を暗記する機会を簡単に作れます。原始的な方法ですが、地味に効果があります。

 

トイレやお風呂に英単語を貼り付ける

これも古典的な方法ですが、毎日必ず利用する場所に英単語を仕込んでおけば嫌でも暗記(memorize)できます。

ノート1ページごとに英単語を5個ずつ書き込む

大学受験生であれば、1日で5ページから10ページくらいは何かしらで消費するのではないでしょうか?その新しい1ページごとに暗記(memorize)しようと思っている英単語を書き込む癖をつけましょう。めんどくさいなと思うかもしれませんが、英単語の暗記(memorize)はそんな地味な努力をするのが最短距離です。

 

このように努力せずに英単語を暗記(memorize)する仕組み(system)を取り入れましょう。少なくともしないよりかは確実に暗記効率をあげることができます。

 

暗記する英単語の目標設定をする!

大学受験の英語は1200単語暗記すれば、十分戦うことができます。なので、まずは英単語1200語の暗記を目標にしましょう。

1200単語 ÷ 3ヶ月

=1200単語 ÷ 12週間

100単語 / 1週間

経験上これくらいのペースであれば問題なくこなせるはずです。目安ではありますが、最低限の目標と考えて取り組みましょう。

1週間同じ100個の英単語をひたすら暗記する!

学校で利用している英単語帳でいいので初めの100語からはじめましょう。1週間で暗記する英単語を固定して、朝昼晩で最低3回は目で確認するようにしましょう。言ってしまえば、これも暗記の仕組み(system)の一部です。

  • 通学の電車の中で
  • 勉強を始める前に
  • 家に帰る前の駅のホームで

こんな感じでルーティーンの中で目で暗記する時間を必ずとってください。よくノートに英単語を書きまくって覚えている人がいますが効率が悪すぎるのでやめましょう。英単語の利用頻度は【writing < reading】です。無駄な努力で無駄に疲れるような取り組みは避けるようにしましょう。

朝昼番で3回+暗記の仕組みを利用すれば、1週間で100語のうち70%くらいは問題なく暗記できると思います。仮に70%しか暗記できていなくても3ヶ月で1200語の英単語を1週できたのであれば、受験本番までには2,3周できるはずです。英単語の暗記は本番当日までに完成していればいいので焦らずにコツコツ取り組むことがポイントです。完全に暗記できていなくてもいいので、以下のペースを何があっても守るようにしましょう。

1週目 001 ~ 100
2週目 101 ~ 200
3週目 201 ~ 300

みたいな感じです。

英単語の暗記はイメージで覚えるのがコツ!

英単語の暗記をする際に注意してもらいたいのがこれです。

イメージで覚える!!

よく思い返してみてください。

この単語の意味知ってるんだけど、「訳せない!!!」って経験ありませんか?

それは「1単語に1つの意味」しか紐付けずに暗記をしているからです。

これは日本の英語教育の弊害ですね。

本来、アメリカ人やイギリス人は1つの単語に対して1つの意味で言語を理解していません。1つの英単語が幅広いイメージを持っていて、文脈の中で英単語の意味が一意に決まります。

そもそも論で日本人の英単語の暗記の仕方は英語習得に不向きな傾向にあるのでそのことはよく理解して、英単語の暗記に努めてください!

[aside type=”normal”]おすすめの英単語の暗記法

日本語をあてずに英語の例文をひたすら確認して、その中からイメージを抽出する[/aside]

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました