【英語】長文をスラスラ読むための勉強のコツ

オススメ
最新ブログ

[voice icon=”アイコンURL” name=”名前” type=”l”]

英語の長文の勉強の仕方がいまいちわからない。だれかたすけてー

[/voice]

と思ってる人って結構多いですよね。

ということで今回は

【英語】長文をスラスラ読むための勉強のコツ

というテーマで、実際に僕が英語の長文の勉強の際に行っていた勉強法を紹介しようかなと思います。

ちなみに、言語フェチの僕はこれと同じ方法論を古文で試していますが、かなり短期間で古文が読めるようになっています。

騙されたと思ってぜひ試してもらえればなと思います。

 

英語の長文を読むために必要な英語力とは?

僕が思うに英語の長文を読むために必要な英語力は大きく分けて3点になります。

  1. 単語力
  2. 文法力
  3. 読解力

この3点を確実に積み上げてあげれば、英語の長文は確実に読めるようになるはずなんです。

なぜ英語の長文の勉強がうまくいかないのか?

皆さんは上記の3点を勉強しているはずです。

  • 単語力は単語帳を何回も見て暗記して
  • 文法を勉強した後に、文法問題を解いて
  • 仕上げに長文読解に挑戦する

こんな感じで勉強されているかと思います。

長文の勉強がうまく進まない理由はここにあるのかなと思います。

長文を読んでいる際にいろんな情報に右往左往していないでしょうか?

英文を読んでいるときのことを思い出してみてください。

  • 【初心者】この単語なんだっけ??あ、この単語もなんだっけ?
  • 【中級者】単語はわかるけど、この文法はえーっと、なんだっけ??
  • 【上級者】文章は読める!!だけど、この文章は何が言いたいんだ??

こんなことが起こっていませんか?

レベルの違いはあれど、英語という情報を扱いきれていないんです。

不慣れな英語で単語だったり、文法だったり、文脈だったりを一気に処理しようとしてしまうと混乱してしまうのは誰でも同じです。

ってことは、長文の勉強の中で段階的に進めてあげればいいんです。

英語の長文の勉強方法

以下の手順で長文の勉強は進めましょう。

  1. 単語力
  2. 文法力
  3. 読解力

長文の勉強は3段階に分けることを強く意識しましょう。

STEP.1 わからない単語をまずは確認する

皆さんも経験があると思いますが、わからない単語だらけなのに長文を読み進めても、すぐに迷子になってしまいます。

まずは文法や論理展開を考えずに、英文を読みながらわからない英単語をピックアップしていきましょう。

[aside type=”normal”]ポイント

  • 単語の意味はできる限り大きなイメージで覚える(応用が利きます)
  • 長文の余白部分に書き込んで復習の機会を増やすこと

※別のノートにメモしても長文と同時に確認する機会は劇的に減ってしまいます。

[/aside]

STEP.2 理解できない英文の文法を理解する

わからない単語を把握したら次は理解できない文法項目を1つずつ理解していきましょう。

この時点で英単語に気を配る必要がなくなるので文法の理解は簡単になっているはずですが、この作業はかなり根気が必要です。

以下時間のない方やお金に余裕のある方は以下のサービスを利用して時短をはかるのもありかと思います。

STEP.3 英文全体の論理展開を把握する

単語・文法の不明点がなくなったら、次は文章全体の論理展開を把握するために長文の読解を行いましょう。

論理展開を理解できるようになれば、TOEICや大学受験の問題はかなり楽に解けるようになります。

特にTOEICは全文を読まずに設問の傾向からの論理的に選択肢をかなり絞ることができるようになるので、ここまでできるように1つの長文をやりこむことをオススメします。

劇的に点数が上がります。

[aside type=”warning”]

まずは1つの長文を確実に読めるように取り組むことが重要です。

複数の長文を一気に勉強したり、次から次に新しい長文を読むのは効率が悪くなってしまうので避けましょう

[/aside]

まとめ

「【英語】長文をスラスラ読むための勉強のコツ」はいかがだったでしょうか?

僕が古文でも成果を出せているメソッドなので、自信を持ってオススメ出来る方法です。

質問があれば、twitterからDMから連絡いただければお答えします。

皆さんの英語力がこのブログを通して向上することを期待しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました