【例文6選】誰でも簡単【can’t afford to 〜 】の使い方・意味

最新ブログ

今回のテーマは

【例文6選】誰でも簡単【can’t afford to 〜 】の使い方・意味

をまとめていきます。有名なイディオムですが、can’t afford to ~ 単体の意味で覚えるのではなく、afford自体のイメージをしっかりとつかんで様々なパターンに応用できるようにしておきましょう。

大学受験・TOEIC頻出の「can’t afford to 〜」の意味・使い方

can’t afford to 〜 の意味を覚えるその前に

「afford」自体のコアイメージを考えましょう。

コアイメージは「供給する、許可する」のようなイメージです。

そのイメージにcan’tが接続して、「供給することができない」つまり「余裕がない」という解釈につながっています。

ちなみに余裕の有無の対象に関しては「お金や時間など」に対して利用されます

時間に適応できるということは「空間」にも利用できることを理解しましょう。

この知識を知っているとかなり応用が利くようになります。

語源に近いイメージでの単語に関する知識を習得して、様々な語法パターンに対応できるようにしておきましょう。

「can’t afford to 〜」の例文10選を確認しよう

イディオムだけで暗記してもあまり意味がないので例文を確認してください。

I can’t afford to buy such an expensive car.

「私はそんな高価な車を買う余裕がない」

※定番パターン

 

You couldn’t afford to waste such a long time.

「あなたはそんな長い時間を無駄にする余裕はなかった」

※過去形パターン

 

Such a long time you couldn’t afford to waste.

※上記文章の倒置パターン

 

Why can she afford to go out with her friends every night?

「なんで彼女は毎日友達と外食に出かける余裕があるのですか?」

※疑問文パターン

 

We can’t afford to wait for the package reaching here.

「私たちはその荷物がここに届くのを待つ余裕はない」

※イディオムとコラボパターン

※wait for O + ~ing:Oが〜するのを待つ

 

The company couldn’t have afforded to pay such a huge  amount of money for its loss without the big support of the US government.

「アメリカ政府の援助なしでは、その会社はそんな多額のお金を(その会社の)損失のために払うことができなかっただろう」

※仮定法過去が利用されているパターンです

※このitsの使いからよくTOEICの文法問題で出てきます。

まとめ

ただ単にイディオムをそのまま暗記するのではなく、すでに学習内容のイディオムと組み合わせてみたり、複雑な文法を自分の力で利用して英作してその中で目的のイディオムや単語を覚えるようにしましょう!

そうすればすぐに本質的な英語力が身につきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました